マイページログイン

マイページ会員登録

お店からのお知らせ

ハンドルやブレーキなどが制御不能となる可能性のハイドロプレーニング現象

こんにちは店長です。いつもHPご覧いただき有難うございます。
梅雨入りはまだですが、最近の異常気象で急激な雨が降ります。雨天時の走行に注意として
ハイドロプレーニング現象が発生しますね
タイヤと路面の間に水の膜ができ、ハンドルやブレーキなどが制御不能となるハイドロプレーニング現象。雨の日の高速走行などで誰にでも起こりうる現象ですので、必ず覚えておきたいトラブルです。 ハイドロプレーニング現象はなぜ起こる?
路面に水が溜まっている場合、タイヤは溝を通して排水し、路面をつかんで回転しています。
しかし、速度が上がりすぎると排水が追いつかなくなり、ハイドロプレーニング現象が起こります。タイヤが水の上を滑る状態となり、ハンドルがまったくきかなくなります。
雨などで路面に水が溜まっている状態でのスピードの出しすぎ、タイヤ溝の過度な摩耗や空気圧不足などが原因で発生するので、タイヤの定期点検や安全運転の実践を心がけることが大切です。
もしもハイドロプレーニング現象が起こったら?
ハイドロプレーニング現象は、起こってしまったら、クルマの動きをどうにも制御できません。
ハンドルは切らずにそのままに、ブレーキを踏まずにタイヤのグリップが自然に回復するのを待ちましょう。
ハイドロプレーニング現象を防ぐために
路面に水が溜まっている環境で高速運転しないハイドロプレーニング現象は水が溜まっている場所で起こる現象です。
雨天時や、大雨の後などで水たまりができているようなことが予想されるときは、高速での運転をしないように心がけましょう。
交通量が激しいなどでわだちができている道路は水が溜まりやすいです。
そのような道路ではわだちを避けて運転することをおすすめします。
ハイドロプレーニング現象は起こってしまったらどうしようもないので、起こさないようにするのが一番の対策です。
タイヤの空気圧をこまめにチェックし、適正な空気圧が充填されているか確認しましょう。とくに雨の日はドライブ前に空気圧のチェックを行うことをおすすめします。
また、タイヤの摩耗状態も定期的に点検を。溝が浅くなってきたら交換するようにしましょう。
雨に強いタイプのタイヤを選ぶのもいいでしょう。



2019.06.21

  • tiwtter
  • facebook
エントリーの編集

お知らせ一覧へ

住所
〒660-0807 兵庫県尼崎市長洲西通1丁目16-11
twitter https://twitter.com/TLama62730
TEL
06-6483-4532
FAX
06-6483-4539
営業時間
平日9:30~17:30 作業受付時間 17:00まで 作業内容によっては事前予約をお願いします。 
定休日
日曜日・祝祭日・年末年始・GW・お盆
  • メンバーズカード実施店舗
  • タイヤ交換予約
  • マイページ対応
  • PayPay
  • WAON
  • SALE&お買い得クーポン

  • タイヤNAVI

  • 燃費シミュレーター

  • ホイールシミュレーター

back to top