マイページログイン

マイページ会員登録

お店でのサービスオイル無料点検

オイル無料点検しませんか?

エンジンを熱や汚れ、摩耗から守ってくれるのがオイルです。
エンジン内のオイルの量が充分でなかったり汚れていたりすると、エンジントラブルの元になります。
エンジン交換なんて事態になる前に、定期的にオイル交換をしませんか。

  • 写真:オイル点検作業
  • 写真:オイル点検作業

先ずは一度、オイルの無料点検をどうぞ。

お近くのお店でオイルの無料点検しています。

お近くのダンロップのお店では、エンジンオイルを無料で点検しています。エンジンオイルの点検がなぜ必要なのかとあわせてご案内しています。

※一部店舗では実施しておりません

豆知識1

エンジンオイルの役割!エンジンオイル5つの役割!!

クルマにとって、エンジンは、人間でいう「心臓」にあたる部分です。心臓は血液が無いと機能しないのは言うまでもありませんが、エンジンも「血液」にあたる「エンジンオイル」が無いと全く機能しないのです。
エンジンオイルは、いわゆる潤滑剤です。しかし、それ以外にも、冷却、洗浄、密封、防錆の役割があります。

エンジンオイルの役割図
  • エンジンオイルの役割「潤滑」

    エンジン内部では、ピストンが高速運動をしています。そのために生じる金属同士の摩耗や焼き付きなどをエンジンオイルが軽減しています。

  • エンジンオイルの役割「冷却」

    エンジン各部は燃料や摩擦によって、非常に高温な状態になりますが、エンジンオイルが熱を吸収して、冷却する役割を担っています。

  • エンジンオイルの役割「洗浄」

    エンジン内部では、ガソリンの燃えカスや金属同士の摩耗よる細かい金属粉などの汚れが発生しますが、これらがエンジン内部で堆積しないような役割を果たしています。

  • エンジンオイルの役割「密封」

    ピストンとシリンダーは完全には接しておらず、隙間があります。この隙間に入り込んで、隙間を埋め、圧縮されたガソリンと空気の混合気を抜けないようにしています。

  • エンジンオイルの役割「防錆」

    エンジン内は外部との温度差で水分が発生しやすくなっています。その発生した水分によって錆びるのをエンジンオイルが金属の表面に膜をはり、予防しています。

豆知識2

エンジンオイルの見方・選び方!見方を知って、正しく選ぶ

エンジンオイルの見方

エンジンオイルには低温時の粘度、高温時の粘度を下記の英数字の記号で表され、それぞれに意味があります。

エンジンオイルの粘度図

エンジンオイルの選び方

クルマの種類 ハイブリッドカー
コンパクトカー
ミニバン スポーツカー 軽自動車 輸入車
参考オイル 0W-20 0W-20
~ 5W-50
5W-40
~ 15W-50
0W-20
~ 5W-30
5W-40
~ 10W-40

豆知識3

エンジンオイル交換のタイミング!3,000km以上の走行、オイルの汚れ・不足が目安

エンジンオイルの交換のタイミングは、クルマの種類や使用状況にも違いがありますが、目安としては3,000km〜5,000kmまたは3ヶ月毎をおすすめしています。
また、オイルが汚れていたり、不足していると、下記のようなことにもなりかねません。

  • エンジンの調子が悪くなる。
  • エンジンの寿命が短くなる。
  • エンジンの内部が損傷する。
  • 走行不能。
  • パワーダウン。
  • エンジンの焼き付き。

無料点検

安心のエンジンオイル点検!オイルの量、汚れ、漏れを入念チェック

「普段、あまり乗ってないし、もう少し走れる気はするんだけど」と思われて、エンジンオイルの点検をしないで、乗り続けられている方もいるのではないでしょうか。
しかし、エンンジオイルは経年変化も起こっているんです。ダンロップのお店では、オイルの点検結果を一緒に見ながら、オイルの状態を説明させていただきます。 ですので、エンジンオイルの交換が本当に必要かどうか、安心いただきながら、チェックがいただけます。

※一部店舗では実施しておりません

写真:エンジンオイル点検
写真:エンジンオイル点検

back to top