マイページログイン

マイページ会員登録

お店でのサービスワイパー無料点検

ワイパー無料点検しませんか?

雨の日の視界を守ってくれるのがワイパー、視界不良は大変危険です。使い方や紫外線の当たり具合で劣化が早くなりますのでご注意ください。
ワイパーは消耗品です。こまめに点検してください。

  • 写真:ワイパー点検作業
  • 写真:ワイパー点検作業

先ずは一度、ワイパーの無料点検をどうぞ。

お近くのお店でワイパーの無料点検しています。

お近くのダンロップのお店では、ワイパーを無料で点検しています。ワイパーの点検がなぜ必要なのかとあわせてご案内しています。

※一部店舗では実施しておりません

豆知識1

ワイパーの役割!雨や雪の日も視界良好に

雨や雪の日の視界を確保するには、ワイパーが欠かせません。ワイパーは、ワイパーフレームに装着されたワイパーゴムが、クルマのガラス面をについた水滴を拭き取り、視界を良好に保ちます。ワイパーはガラス面に付着した水滴を拭きながら、薄く均一な水の膜をつくり、それによってクリアな視界を確保します。
また、雨や雪を拭くだけでなく、泥、ほこり、黄砂、虫なども取り除く役割もあります。

豆知識2

ワイパーの種類!雨用ワイパー、雪用ワイパー

ワイパーは、雨用ワイパーが取り付けられていることが多いかと思います。ワイパーは雨用だけでなく、雪用ワイパーもあります。雪の日には、雪用ワイパーをおすすめします。

写真:雪用ワイパー・雨用ワイパー

雪が降った日に、雨用ワイパーを使用すると、フレームに雪がたまり、そのまま凍結することさえあります。凍結することで、ワイパーの拭き取り性能が格段に低下します。雨の日以上に、雪の日は視界が悪くなりますので、雪用ワイパーをご利用ください。

雨用ワイパーを雪の日に利用すると
雪がフレームにたまる・凍結
雪用ワイパーなら
フードで雪のたまりと凍結を防ぐ

豆知識3

ワイパーの交換のタイミング!目安は年1回、こんな症状が出たら

雨や雪の日に、視界を保つために、何往復も稼働するワイパーです。ワイパーは消耗品です。過酷な環境にさらされてワイパーゴムが劣化するだけでなく、稼働することで、ワイパーフレームも傷つくことがあります。
交換の目安は1年に1回です。定期的に点検し、交換することをお勧めします。

こんな症状はありませんか?

ワイパーゴムが劣化してくると、下記のような症状が起こります。このような場合は交換をお勧めいたします。

  • スジが残る状態

    スジが残る

  • 拭きヒビが入る状態

    拭きヒビが入る

  • 拭きムラがある状態

    拭きムラがある

  • にじむ状態

    にじむ

ワイパーゴムだけでなく、ワイパーフレームのチェックも必要です。下記のような症状が出ていると、拭き取り性能が落ちてしまいます。ワイパーフレームも定期的に点検し、交換することをお勧めします。

  • ワイパーのガタツキ

    ガタツキ

  • ワイパーの変形

    変形

無料点検

安心のワイパー点検!ゴムの摩擦や汚れ、劣化、損傷を入念チェック

雨や雪が降ってはじめて、ワイパーの存在を気にすることになるかと思います。しかし、雨や雪が降ってから異常に気づいては、視界不良となって、大変危険です。
ダンロップのお店では、ワイパーゴムやワイパーフレームを一緒に見ながら、状態を説明させていただきます。
ですので、ワイパーの交換が本当に必要かどうか、安心いただきながら、結果を確認いただけます。

※一部店舗では実施しておりません

写真:ワイパー点検
写真:ワイパーコーナー

back to top